ATOKバックアップ体験記

ATOKのプラグインが公開されました!
パソコンと共に、長い間大切に育ててきたユーザ辞書、普段その有り難みを忘れがちですけど、いざという時のためにバックアップしておきたいものですよね。かといって、それがどこにあるのか知っている人はなかなかいないでしょう。

でもそんなコマイことは考えずできるようになりました。試してみましょう。


atok.pngバックアップウィザードにしたがって進めていくと、バックアップ対象を選ぶ画面が出てきます。そこで「プラグイン」タブをクリックしてください。見てのとおり何もありません。そこで、「プラグインダウンロードサイト」を押してみます。

1.png

お馴染みのプラグイン無料公開ダウンロードサイトです。カテゴリの「ツールとエディタ」を選んでみましょう。

2.png
ATOKプラグインでてきましたよ~
ATOK2008ATOK2007が見えます。私のPCにはATOK2008が入っているのでこちらを選びます。

バージョンが違っているとデータを正しく取れないのでくぐれも注意!!

3.png
ダウンロードが完了すると自動でプラグインのインストールが完了しました。
4.pngジニーバックアップの中に、ATOK2008と出てきたので、チェックボックスにチェックを入れます。あとは、いつもと同じようにウィザードを進めればOKです。
5.png
これで、ユーザ辞書と環境設定がバックアップできました。
さあ、次は【復元編】にすすみましょう。
 

【復元編】です。

ここではいろいろなシチュエーションがあるとおもいますが、ここではPCの不具合で「OSを再インストール、ATOKも再インストールした」というところからスタートします。

新しくOSがインストールされたので、なじみのあるユーザ辞書はもうありません。これを復元しましょう。ジニーバックアップを起動して、メニューから「復元」を選びます。

6.png

バックアップデータの含まれるジョブ名を選択します。

7.pngバックアップジョブに含まれている復元データのリストがでてきました。「プラグイン」タブを選択して、「ATOK2008」にチェックを入れます。

9.png

これで、準備完了です。次へをおして復元完了です。

一応、確認をしてみましょう。ATOKのユーザ辞書を起動してみると、確かに昔のユーザ辞書がでてきました。

8.png
普段見ることのない辞書、ついでに中身の整理などもしてみてはいかがでしょう?
意外と自分の日本語のクセも発見できるかもしれませんね。