バックアップ方式(完全/増分/差分/ミラーバックアップ)の違いはなんですか?

GENIE BACKUPにおけるバックアップ方式には、4種類あります。それぞれのメリットとデメリットについて説明をします。

    ・完全バックアップ
    ・増分バックアップ
    ・差分バックアップ
    ・ミラーバックアップ

完全バックアップ

すべてのファイルやフォルダをバックアップします。
データは上書きしないので、すべての回数分のバックアップファイルが残るので、簡単な操作で短時間に復元できます。
104-1.PNG
    ・バックアップするデータサイズが小さい場合に適しています。

増分バックアップ

前回のバックアップ以降に変更されたファイルだけをバックアップします。
バックアップ時間が最も短いことが特長ですが、その反面、復元時間は長くなります。

104-2.PNG 
    ・バックアップするファイル数が多い場合に適しています。また、ディスク領域の消費が少ないため、頻繁にバックアップする場合にも適しています。一方、すべてのファイルを復元するためには、最新の完全バックアップデータとそれ以降のすべての増分バックアップデータが必要になります。

 
差分バックアップ

最新の完全バックアップ以降に変更されたすべてのファイルをバックアップします。
完全バックアップや増分バックアップに比べて復元時間が短いことが特長ですが、頻繁に差分バックアップを繰り返すと、差分バックアップサイズが完全バックアップのサイズに比べて肥大化する可能性があります。

104-3.PNG 
    ・完全バックアップと増分バックアップの中間的な方法です。条件が完全バックアップや増分バックアップには、あまり適さない場合に使用するのがよいでしょう。
 
    ・最新の完全バックアップ以降に変更されたすべてのファイルをバックアップするので、毎回完全バックアップをするのに比べて時間とディスク領域を節約でき、完全バックアップと増分バックアップを組み合わせたバックアップ方式よりも高効率です。また、復元の際、最新の完全バックアップ+最後の差分バックアップを復元するだけでよく、増分バックアップよりも簡単です。

ミラーバックアップ

最新の完全バックアップまたはミラーバックアップ以降に変更のあったすべてのファイルをバックアップします。
バックアップのたびに元のバックアップデータが上書きされるので、バックアップデータは1つの圧縮ファイルまたはフォルダだけが残ります。削除されたデータはバックアップデータからも削除されます。

104-4.PNG(FAQ No:G104)